「頭文字D」という戯画を読み返してます。

現在ふと、しげの秀ゼロインストラクターの「頭文字D」という戯画を読み返していらっしゃる。
特性を簡単に凡そ説明すると、「現れ屋」たちのはなしだ。
「現れ屋」がわからないという随所のために説明しますと、愛車(スポーツカー)で、峠(山道)を、攻める(全速力で滑る)自身だ。言わば山道で勝負をしてるワケです。熱情族とは違う。レーサーの土屋圭一ちゃんや、谷口信輝ちゃんも走り抜け屋生まれだ。安心・・・。
で、身もニッサンのZ33フォルムの公明正大レディZに乗ってます。バケモンみたいなエンジンエネルギーがありますが、別途はやく走りたいワケではありません。ただ純粋に公明正大レディZが好きなだけだ。際限調子内で、次第に無事故運転で走ってます。
頭文字Dに浮き出るメインの愛車はトヨタ・86フォルムトレノと、マツダ・FDフォルムRX-7だ。こういう2モデルを中心にはなしが展開していきます。
あくまでも、モータースポーツをやってるというはなしですので、探究有り、友情有り、大成有り、そして感服有り、で何ごと読み返しても興味深いですし、むかし読んだ時分より、階層を取ったせいか、涙もろくなっていて、泣きみたいになることもあります。
ちなみにFDのあちらとして、Z33も出ます。負けますが。当人とおんなじ愛車が出ると望ましいもんですね。http://www.912inc.co/