これからの消費者のあり方などについて勉強

消費者のことについて勉強しました。消費者問題の発生を防ぐためには、企業・消費者・政府がそれぞれの立場と役割をよく自覚し、適切な対策を講じることが必要です。企業は、製品の安全基準や表示のあり方、個人情報の保護などについて、法を遵守するだけではなく積極的な自主行動基準を策定し、消費者の信頼を得ることが求められます。また、政府も被害にあった消費者を救済するという視点だけではなく、消費者被害の発生を未然に防止する施策を講じる必要があります。さらに、消費者自身も契約に対する認識を深め、正しい商品知識を身につけて適切に判断し行動できる「自立した消費者」になるように努力することが求められています。このようなことを勉強しましたが、消費者被害を未然に防ぐにはどうしたらいいのか自分でも考えることは出来ると思うので、考えてみようかなと思いました。このことは、他人事ではないし油断してはいけないことだなと思いました。酵素人気